私が寝込んでいることを知り

付き合っている間のケンカはある意味恋愛の醍醐味、、、。

ケンカを通して、お互いのことがわかったり、理解を深めあったり、次のステージへ進む、ということもあるかもしれません。

そんな数あるケンカの中、私が一番愛情を感じたケンカの仲直りのお話をしたいと思います。

私はその日、久しぶりのデートを楽しんでいました。

お互いに仕事で忙しく、一週間のうち数時間しか会えないという日々が続き、一ヶ月ぶりくらいに一日一緒にいれる時間が作れた、という日だったのです。

ご想像できるかとは思いますが、私は本当にうれしくて、ウキウキ気分だったんですね。

そんな中、彼氏の携帯が鳴り響きました、、、。

案の定、勤務先からの連絡でした。

「人手が足りなくなった。休みのところ申し訳ないけど、来てくれないかな?」

彼氏はすぐに行くと即答し、

「ごめん、仕事が入っちゃって」

私は激怒しました。

本当に楽しみにしていたので、あまりに残念で悲しくて、怒りをぶつけてしまいました。

当時を振り返ると、仕事なんだから仕方ないよね、、、と今は申し訳なく思っています。

ケンカしたまま、彼氏は仕事へ向かいました。

私は激怒したまま、家へ帰りました。

そして家へ着くなり、私は疲れ果てて寝てしまいました。

風俗店が完備している託児所の料金は新橋 風俗が東京の風俗店では安いらしい

目が覚めると、もう夜になっていました。

なんとなく体が重く、熱を測ってみると38度ほどになっていました。

熱でうなされ、彼氏とケンカしたことで悲しくなってしまい、泣いてしまいました。

そんな中、彼氏からメールが来ました。

「今仕事が終わったよ。今日はごめんね。これから行くね。今家にいる?」

私はうれしくてまた泣いてしまいました。

「今家にいるよ。私こそごめんね」

そう返信をしました。

その後、彼氏は会いに来てくれました。私が寝込んでいることを知り、

「ごめんな、ごめんな」

と献身的に看病をしてくれました。

私は彼の愛情を感じ、彼が料理を作ってくれている間、うれしくて、隠れてまた泣きました。

ケンカは悲しくてつらいものですが、それ以上の喜びや愛情、発見をもたらしてくれるものだと、そのとき改めて感じました。

お互いの理解を深めるためにも、たまには、アリかもしれませんね。

固定ページ